スポンサーリンク
スポンサーリンク

宝塚大劇場『2階17列席』の魅力

スポンサーリンク
クラゾウの観劇
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2階17列席の魅力について考えてみよう

宝塚大劇場では2階17列席は一番後ろの座席になります

宝塚大劇場の座席表の料金は下記のようになっています

SS席S席A席B席
12,500円8,800円5,500円3,500円

座席料金は全て税込となっているのですが、これ以外の席が実はあります

それが立ち見席2500円と2階17列2000円です

立ち見席はその名の通り立っていないといけないデメリットはあるのですが

B席などと比較して舞台からも近いメリットはあります

17列目の最大のメリットは何と言っても

2000円という破格で宝塚の公演が観れてしまう事です。

他にもどのようなメリット、またはデメリットがあるのか検討してみましょう

メリット、デメリットは?

メリット

・後ろの人がいないので気兼ねなく観れる

・客席で一番高い場所なので舞台の全体が見やすく舞台装置なども遠目でよく分かる

・公演によっては平日の公演だと前の席がいない事もある

・席を探すのが簡単(笑)

デメリット

・舞台からやっぱり遠いので生徒さんの表情とかは見にくい

・意外と人気がある席なのでチケットが手に入りにくい場合もある

メリットを詳しく解説するならやっぱり後ろがいないのは

気兼ねなく観劇できるという点ですね

身長の高い男性の場合は後ろの人が観にくくなる場合があり

姿勢を気にする場合もあるでしょう。特に段差が少ない1階席は尚更ですが

最後尾の席では気にする必要はないですね

1階のS席とは違う観点から舞台を見る事ができて

舞台まで距離がある分、生徒さんの演技を全体的に見る事ができます

宝塚の舞台は場面毎に舞台装置が動いたりする事は少なくないですが

17列だとその動きがよく観れたりします

公演にもよりますが平日だと前の14列から16列辺りまで空席な場合もあります

もちろんトップスターの退団公演や人気公演は空席がある場合も少ないので

このような事はないですが、比較的にチケットが入手しやすい場合は空席もあり

周りの人が少ない分、のびのびと観劇ができます

幕間も静かだったりして嬉しいですね

後は大劇場に慣れていないとやや自分の席を探すのは少し手間取りますが

一番後ろなので席番だけ確認しとけばいいのでラクです。

デメリットですがやっぱり何と言っても舞台からは距離が遠いところですね

オペラグラスを使わないと生徒さんの表情は分かりにくいです

なのでここに重点を置く方はあまりお勧めできる席ではないです

また大階段の上側は死角になっていたりもします

意外と人気がありチケットが売り切れている場合も少なくないです

当然ですが1つ前の席がB席3500円なのに

少し後方になるだけで2000円と1500円の差額になるので

当たり前と言えば当たり前なんですよね

だから17列は満席なのに前の16列はガラガラという

状況も起きてしまうわけです

2000円という価格は経済的に素晴らしい

宝塚の舞台は約3時間近くあるのですが

それを2000円で生で観れるのは本当にすごい事です

あの豪華な舞台と素敵なジェンヌさんを観れると思ったら

コスパが良いなんてもんじゃないです

映画とほとんど金額が変わらないですしね

もちろん人によって経済的状況や価値観が違うので

万人受けはしないのですが

同じ公演を何回も観たい人や

学生の人で限られたお小遣いの中で観劇したい人は

これほど魅力的は席もないと思います。

個人的にはSS席など本当に前で観るか2階17列目で観るか

両極端な感じでもいいかなあと思っています(笑)

興味のある方は一度ご利用してみて下さい

コメント

  1. […] 宝塚大劇場『2階17列席』の魅力2階17列席のメリット、デメリットichizoo.com20… […]

  2. […] 宝塚大劇場『2階17列席』の魅力 クラゾウが選ぶ宝塚大劇場周辺の飲食店 5選 […]

タイトルとURLをコピーしました